人気ブログランキング |
インドネシア取材旅行記 23
市内を案内していただいた後はホテルに戻り、再びS友林業社員の家族の方々の健診となりました。子どもたちの学校が終わった、4時半頃よりの健診でした。

▼市内を案内している途中にいただいた、昼食の中華料理。
d0061380_12364611.jpg

▼ホテルの庭にあったプール。こういう場所で優雅にのんびりとしてみたいです。
d0061380_12365692.jpg

▼ホテルの夕食の仕度風景。
d0061380_1237762.jpg

▼夕方の健診で使われた注射器の一部。これも全て日本へ持って帰ります。
d0061380_12422139.jpg

▼この日の夕食に案内していただいたお店。大きな中華料理店でした。この日もS友林業社員の方々と、そのご家族との会食でした。
d0061380_12373359.jpg

▼1階では、結婚披露宴が行われていました。この日は、中国系の方の結婚式だったようです。インドネシア式なのか、中国式なのか、披露宴会場入り口に並んでいた若いお嬢さんたち。
d0061380_12384883.jpg

▼披露宴会場。
d0061380_12385737.jpg

▼夕食の中華風鍋料理。2種類の鍋と、次々と出される具材。
d0061380_12391169.jpg

▼鍋に具を入れたらこんな感じです。この日はお腹の調子がいまいちだったので、控えめに。
d0061380_12392448.jpg

▼デザート。中華のデザートですが、甘いです。なぜかパンも・・・。インドネシアのデザートはとにかく甘くらしく、しかも毒々しいほどに鮮やかな色をした物が多いとのことでした。この日、子どもたちが注文していたジュースは、口に入れただけで口の中全体にジュースの色が付いていたし、ケーキに乗っているイチゴとかも、芯まで赤く着色してあるんだそうです。そういう物をみんなが好むのだそうですが・・・。ある日本人家族の方は、マクドナルドでコーヒーを注文した際に「砂糖はいらない」と注文したら、奥から店長が出てきて「本当にいらないのか?」と聞かれたんだとか。地元の人たちは砂糖スティックを5〜6本持って行く人もいるらしく、甘くないコーヒーを飲むなんて信じられなかったのかも知れません。気候のせいなのか、甘い物に対する考え方も日本人とは違います。
d0061380_1239337.jpg

by owl-club | 2013-06-29 12:45 |
<< amazon Kindle版... 満腹グルメスペシャル、発売中です! >>



漫画家岩田和久    無責任日記
by owl-club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
鹿児島生まれ
漫画家
イラストレーター

http://owl.or.tv
カテゴリ
全体
漫画&イラスト
影響を受けた漫画
音楽

雑記
ライフログ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 06月
2005年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧