インドネシア取材旅行記 18
空港から車に乗り換え、プロボリンゴにあるS友林業の宿舎へ向けて出発です。片道3時間の道のりでした。

▼プロボリンゴで出迎えてくれた、S友林業のドライバーさん。S友林業の若い社員の方が空港まで出迎えに来てくださっていたはずでしたが、見当たらず、代わりに先生のなじみのドライバーさんが我々を発見してくれて、無事プロボリンゴへ出発できました。S友林業の方は結局我々を発見できないまま、1時間半ほど待っていたんだそうです。可哀想に・・・。
d0061380_050577.jpg

▼プロボリンゴまでの道中、高速道路がありましたが、凄い渋滞で片側2車線の高速道路が片側5車線までふくれあがり、計10車線になっていました。
外側を走っている車は完全に道路の外を走っている状態で、当然そこは舗装もされていないため、ものすごい量の砂煙が舞い上がってちょっと砂漠のようでした。
d0061380_0502389.jpg

▼道路中央の売り子さんたち。凄く危険だと思うけど、たくさんいました。
d0061380_0503577.jpg

▼ちょっとでも渋滞等で車のスピードが落ちると、どこからともなくすぐに現れます。この人、ちょっと目つきが恐い。
d0061380_050444.jpg

▼プロボリンゴを指す、看板。
d0061380_0505283.jpg

▼プロボリンゴ近くの交差点。スラバヤからプロボリンゴまで、ほとんど信号機がありませんでした。数回見ただけだったような気がします。そのためか、交差点には必ず交通整理をする人たちがいました。とにかく、売り子さんと交通整理の人は多かったです。
d0061380_051614.jpg

▼路上で交通整理をする人たち。この人たち、別にお巡りさんとかではなく、勝手にやっている人たちらしいです。中にはお巡りさんの格好までした人も何度か見ました。この人たち、ドライバーがチップを渡すと優先して通してくれます。ドライバーさん、何度も渡してました。
d0061380_0511934.jpg

▼途中にあった、建設中のモスク。異国情緒を感じる建物のひとつです。
d0061380_0512891.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-06-21 00:59 |
<< インドネシア取材旅行記 19 インドネシア取材旅行記 17 >>



漫画家岩田和久    無責任日記
by owl-club
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
鹿児島生まれ
漫画家
イラストレーター

http://owl.or.tv
カテゴリ
全体
漫画&イラスト
影響を受けた漫画
音楽

雑記
ライフログ
以前の記事
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 06月
2005年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧