<   2013年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
満腹グルメスペシャル第4弾、発売中です!
コンビニ等で発売中です。
今回は、巻末に1本だけ読み切りが掲載されています。

良かったら、ご覧ください。

d0061380_03227.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-09-28 00:04 | 漫画&イラスト
京都旅行03
4日目も相変わらず晴れ渡り、快適な一日でした。


▼4日目、まずは金閣寺へ。晴天の金閣寺は、美しかったです。ここも修学旅行生が多かったのですが、あちらこちらでガイドの説明が何度も耳に入り、ちょっと勉強になりました。
d0061380_1341034.jpg

▼嵐山。報道では、壊滅状態にあるとのことでしたが、行ってみると一部の店舗で工事をしていましたがほとんどのお店は営業していて、観光客も割と多かったです。
d0061380_1342198.jpg

▼鴨川の水は濁っていて、水量も多く、流れも激しかったです。河の中には、至る所に台風の爪痕が残っていました。
d0061380_1343175.jpg

▼大木が流れてきた形跡も、あちらこちらに。
d0061380_1344292.jpg

▼河の脇には、瓦礫が何カ所も積まれていました。
d0061380_1345277.jpg

▼この日は中秋の名月。東山上空に浮かぶ満月は、幻想的で美しかったです。
d0061380_135211.jpg

▼下鴨神社では恒例の観月祭が行われ、にぎわっていました。
d0061380_1351365.jpg

▼境内では、お茶会が催されていました。
d0061380_1352469.jpg

▼舞台では雅楽が披露され、多くの観客が楽しんでいました。
d0061380_135351.jpg

▼この日配られていた演目表。
d0061380_1354552.jpg

▼この日の夕食は、京野菜のお店に。
d0061380_1355558.jpg

▼京野菜のサラダ。聖護院かぶが、想像以上に甘くて美味かったです。
d0061380_13693.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-09-26 01:37 |
京都旅行02
3日目もいい天気に恵まれ、快適な一日となりました。


▼3日目、まずは清水寺へ。空が綺麗だと、建物までもが一段と美しく見えます。
d0061380_1145213.jpg

▼台風被害の直後とは思えないくらい、にぎわっていました。
d0061380_115222.jpg

▼修学旅行のシーズンらしく、とにかくどこも子どもが多かったです。
d0061380_1151262.jpg

▼爽やかに晴れ渡り、京都市街が一望できました。
d0061380_1152358.jpg

▼やっと改修工事が終わった三重塔。本来の色に戻したと記載がありましたが、他の建物に比べるとかなり薄い色合いでした。
d0061380_1153319.jpg

▼いつ行っても観光客でにぎわっている、産寧坂。
d0061380_1154452.jpg

▼この店の「阿闍梨餅/あじゃりもち」が好きです。東京でも買えるので、時々食べています。
d0061380_1155526.jpg

▼着物を着た人を多く見かけましたが、多分みんな外国人なのでは・・・。変な舞妓さんも何度も見ましたが、外国人観光客には大人気で、何度も記念写真をねだられてちょっと可哀想な気もしました。
d0061380_11669.jpg

▼午後からは、二条城へ。ここも人が多かったです。
d0061380_1164060.jpg

▼白川の巽橋。よく京都を舞台にしたドラマに出てきます。私の中では、京都で最も印象的な風景です。
d0061380_1171033.jpg

▼祇園。とても京都らしい風景で、好きです。
d0061380_1172455.jpg

▼建物ひとつひとつに、風情を感じます。電柱や電線がなければ、もっといいと思うのですが。何とかならないものでしょうか・・・。
d0061380_1173438.jpg

▼この日の夕食は、京料理のお店に。あまり期待はしていませでしたが、結構美味かったです。
d0061380_1174530.jpg

▼お酒の器は気に入りましたが、ちょっと私には値段が高く1合でやめました。
 1合、2,100円でした・・・。
d0061380_1175638.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-09-25 01:21 |
京都旅行01
遅めの夏休みを取って、ちょっと京都へ行ってきました。

16日(月)の朝に出発の予定でしたが、この日は台風が日本を直撃して、高速道路が至る所で通行止めのになってしまい、今日は無理かなとあきらめていたのですが、夕方には何とか京都までの区間が開通となり、車で出発しました。

でも途中渋滞に遭い、特に関西に入ってからの渋滞がひどく、京都到着まで9時間も掛かってしまいました。ホテルに着いたのは夜中の2時過ぎで、この日はコンビニで買ったおにぎりを食べて寝ました。


▼行きも帰りも、初めて「新東名」を利用してみました。東名の清水〜静岡間が通行止めだったからですが、やはり「新東名」も静岡辺りでは渋滞でした。みんなが新東名を利用したためだと思います。写真は、静岡サービスエリアにあったガンダムのお店に展示してあったガンダム。他にも、最近評判のタミヤのTシャツも売っていました。バンダイもタミヤも、確か工場が静岡だったからかな・・・。
d0061380_18142720.jpg

▼翌17日には、鹿児島の両親と無事に合流。台風一過で日本中が晴天だったようで、京都も日本晴れ。雲ひとつない晴天に恵まれました。
d0061380_18143947.jpg

▼京都駅前では、痴漢犯罪追放キャンペーンで警察の楽団が演奏していました。
d0061380_18145126.jpg

▼京都警察のゆるキャラでしょうか?
d0061380_1815383.jpg

▼午後に到着した両親を連れて、伏見の散策に。伏見稲荷も、雲ひとつありませんでした。
d0061380_18152774.jpg

▼鴨川には、台風の爪痕がまだ・・・。
d0061380_1816382.jpg

▼両親。今回の旅行は、母が一度京都に行ってみたいとのことで実現しました。
d0061380_18161429.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-09-23 18:20 |
オカオカハウスに行ってきました
漫画家の浜田ブリトニーちゃんが主催している「オカオカハウス」というお店で、漫画家が集まってのパーティ「放・連・騒」に参加しました。

比較的若手の漫画家さんたちが多く、知らない人の方が多かったのですが、熱気に包まれた楽しい会でした。


▼代々木上原の住宅街にある、オカオカハウス。民家を改装したとのことでした。
d0061380_17334688.jpg

▼狭い店内に、厨房があったりカウンターがあったり。数十名の漫画家が集まり、混雑していました。
d0061380_1734571.jpg

▼浜田ブリトニーちゃん、天使画家の岸田尚さん、漫画家の御茶漬海苔氏と。
d0061380_17341685.jpg

▼エッセイコミックの原作者・サンドラ・ヘフェリンさんと。彼女は、ドイツ人と日本人のハーフでドイツ育ちなんだそうですが、小さな頃から公文式の勉強と母親から日本語を学んだんだそうです。とても流ちょうな日本語を話してました。ドイツにも公文式があるって知りました。
d0061380_17342940.jpg

▼ホラー漫画家の御茶漬海苔氏、美容漫画家のかなつ久美さんと。かなつ久美さんは、美容に関する漫画をたくさん描いている有名な漫画家さんなのだそうです。
d0061380_17344023.jpg

▼今回の「放・連・送」という会を主催している、漫画原作者のポパイ高橋さん。
d0061380_17345327.jpg

▼途中、マジックショーを披露してくれたマジシャンのアレスさん。初めて間近でプロのマジックを見ました。やっぱり、プロは上手でした。
d0061380_1735383.jpg

▼途中、芸を披露してくれた若手芸人でオカオカハウスのバーテンダーのいわみんクン。「さ~らりとした、埋め立て地」って歌ってました。売れる日は、遠そうな気がします・・・。
d0061380_17351427.jpg

▼最後にみんなで。藤沢とおる、御茶漬海苔、剣名舞、かなつ久美、張慶二郎、大江慎一郎、高橋伸輔、大根はじめ、クリスタルな洋介、岸田尚、たなべみか、他。中でも、子どもの頃に読んでいた「ドーベルマン刑事」の平松伸二先生にお目に掛かれたのは、嬉しかったです。
d0061380_17352381.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-09-13 17:38 | 雑記
影響を受けた漫画02
これまでに影響を受けた漫画や漫画家って、一体どれくらいいるのだろう・・・?

今でも面白い漫画を目にするとすぐに影響を受けてしまうから、数えることなんて不可能なのですが、それでも思いつくままにちょっと書いてみようと思います。

小学校に入る前は、テレビアニメをよく見ていました。中でも良く覚えているのは、「スーパージェッター」と「鉄人28号」です。とにかく格好良くて、ジェッターの流星号と鉄人はよく落書きをしていました。

他にも、アニメは良く観ていました。
「ビッグX」「宇宙少年ソラン」「エイトマン」「宇宙エース」「ジャングル大帝」「遊星少年パピイ」「「遊星仮面」「ワンダー3」「ロボタン」「魔法使いサリー」
今でも、どの主題歌も歌えますね♪


▼「スパージェッタ-」と「流星号」
なぜか流星号が好きで、描きまくっていました。当時は紙にではなく、庭や幼稚園の園庭に毎日描いていました。この当時のテレビは、白黒でしたね。
d0061380_14554211.jpg

▼「鉄人28号」
これもよく描きました。鉄腕アトムよりも、百倍好きでした。
d0061380_14555641.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-09-12 14:56 | 影響を受けた漫画
漫画家似顔絵に参加しました
先日の日曜日(9月8日)は、練馬駅前の公園で行われた、「練馬交流祭りの漫画家似顔絵描きの」イベントに参加してきました。

初めての似顔絵描きだったので不安でしたが、何とか無事に乗り切りました。
短時間で描かなくてはならないため、気ばかり焦ってあんまり似てなかったけど、まぁいいやと開き直って描きました。
でも、おおむね好評だったのでよしとしたいと思います。


▼震災支援チャリティ・練馬街興し・「練馬交流祭り」
d0061380_1631126.jpg

▼お祭り開始直後の漫画家似顔絵のブース。すぐにお客さんが来てくれて、その後はずっと描きっぱなしでした。
d0061380_15563199.jpg

▼祭りが始まって、すぐに来てくれた小2の男の子。彼の似顔絵が、私の生まれて初めての似顔絵になりました。彼、なぜかちょっと鼻血をたらしてました。
d0061380_15573676.jpg

▼武蔵小金井だったかな・・・、どこかその辺りの商店街の会長さんだということでした。今度、地元の祭りのイベントで似顔絵をやりたいから来てくれと、スカウトされてしまいました。
d0061380_15575053.jpg

▼「音音(ねお)コミ」というスマホ用の漫画サイトを運営している会社の社長さん。セリフや効果音付きで漫画が読めるサイトだそうです。これからの展開が楽しみです。
d0061380_15575952.jpg

▼一緒に似顔絵を描いた漫画家仲間の似顔絵も描いてみました。
d0061380_15581712.jpg

▼11時から3時過ぎまで、20名以上を描きました。
d0061380_15582684.jpg

▼ステージでは色々とイベントが行われていましたが、結局何も観ることができませんでした。
d0061380_15583539.jpg

▼出店もそこそこあり、昼食に「沖縄そば」と「やきとり」を食べました。ちょっと慌ただしかったですが、美味かったです。
d0061380_15584727.jpg

▼似顔絵じゃなく、私のキャラクターを描いて欲しいと色紙持参で来られた方も何人かいらっしゃり、嬉しかったです。
d0061380_1558588.jpg

▼遊びに来ただけだったのに急遽似顔絵描きに参加させられた、ホラー漫画家の御茶漬海苔先生の描いた似顔絵。斬新です・・・。他にも、辛酸なめ子先生が途中から参加され、似顔絵を描かれていました。
d0061380_15591021.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-09-11 16:09 | 雑記
影響を受けた漫画01
先日、これまでに影響を受けた漫画について尋ねられました。
3本、教えてくれとのことでした。

たったの3本なんて難しすぎるし、そもそも多すぎて答えられないというのが正直な気持ちなのですが、それでも無理矢理選んでお伝えしました。
どれも、漫画の世界に入ったまだ駆け出しの頃に影響を受けた作品です。

▼「ダビデの眠る日」宮谷一彦
漫画家のアシスタントになりたての頃、師匠の仕事場の本棚にあり衝撃を受けました。それまで主に少年ジャンプで育った私は氏のことは全く知らず、こんなにもすごい漫画家がいたということにまず驚き、そしてその緻密な描写は誰も到達していないものだと一人思ったものです。当時の私の画力は本当に程度が低く、いつかこんな風に絵が描けるようになりたいものだと願ったものでした。

作品では他にも「性蝕記」「ローリング・ストーン」「青春相続人」「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」「性紀末伏魔考」などを、繰り返し読みました。

当時、よく一緒にアシスタントをしていた先輩のザウルス徳田さん(故人)が私以上の宮谷作品のファンで、よくその世界観や作画についてこれでもかというくらいに熱く語ってくれたのを今でもよく覚えています。

しかし、リアルタイムで読んだ氏の作品は、80年と90年代に入ってから発表された2本の読み切りだけでした。
d0061380_3153435.jpg

▼「青の戦士- BLUE FIGHTER」谷口ジロー・狩撫麻礼
漫画家としてデビューした頃、夢中で何度も読んだ作品です。とにかく格好良かったのです。この2人の共作は他にも「ナックル・ウォーズ」や「LIVE!オデッセイ」があり、これも好きでした。

狩撫麻礼氏の作品では「ライブマシーン/作画・松森正」もとても好きで、いつかはこういう作品が描きたいとずっと思っていました。今でも、思っています。
d0061380_3154442.jpg

▼「k,quarter」ひろき真冬
漫画家になり立ての頃、手伝いに行き本人からもらった著書。
私の知らない漫画の奥深さがそこにあり、世の中の広さを知りました。ひろきさんが、宮谷一彦氏の元アシスタントだったこともあり、後年ひろきさんを通じ元アシスタントの方々と何人も仲良くさせていただくことになり、さらなる影響を受けていきました。今でも、ひろきさんには相変わらず影響を受け続けています。
d0061380_3155417.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-09-05 03:19 | 影響を受けた漫画
練馬駅Walker
「練馬駅Walker」、先日本屋で購入しました。

練馬区も在住30数年になり練馬駅周辺もちょくちょく行くのですが、まだまだ知らない場所やお店がたくさんあるのだと、この本で改めて知りました。
これから、色々と尋ねてみたいと思います。
楽しみです。

▼練馬駅Walker。駅前の本屋に、これでもかというくらいたくさん置いてありました。練馬区の本屋なら、どこもそうでしょう。一冊980円でした。
d0061380_237079.jpg

▼「東京自転車少女。」という漫画が紹介されていました。女子高生が自転車で練馬を探索する漫画のようです。なんなんだろう・・・?
今度、読んでみたいです。
d0061380_2371657.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-09-03 02:39 | 雑記
登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿
「登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿」
これは、富士山のことらしいです。先日、知りました。

もうかれこれ15年以上前の夏になりますが、友人に誘われ「はとバスのツアー」で一度登ったことがあります。
頂上から眺めるご来光は、それなりに感動的ではありましたが、とにかく、本当に、ひたすら疲れたと、その記憶しかありません。普段使わない筋肉を使ったせいかも知れません。
途中、仮眠を取った7合目だったか8合目だったかの山小屋では、畳一畳に4人で寝かされ、出されたカレーはイマイチで、頂上付近は想像していたよりもずっと寒く、しかも下山してからの筋肉痛が何日も続いてつらかったです。一緒に参加したメンバーの一人は、下山したとき死人のようになっていました。
もう二度と、登ることはないでしょう。

世界遺産に登録された影響か、近年登山客が増えて混雑しているようですが、登山者にはマナーを守って登山をして欲しいものです。
当時の山道はタバコの吸いガラやゴミが多く、トイレは不衛生で臭く、あまりいい印象はありませんでした。とにかく散らかさないようにして欲しいですね。

でも、富士山は下から眺めているのが一番だと思いますよ、ホント。美しいし。


▼頂上にて。夏休みの最中だったので、混んでいました。杖は、登山前に五合目で買ったもので、頂上の神社で記念の焼き印を押してもらえます。今でも、持っています。持参したお菓子の袋が、気圧の影響で頂上ではパンパンふくれていたのが印象的でした。
d0061380_15213190.jpg

▼今ひとつの天候だったため、ご来光も今ひとつでした。
 普段の行いのせいか・・・。でも、それなりの感動はありました。
d0061380_15214476.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-09-02 15:34 |



漫画家岩田和久    無責任日記
by owl-club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
鹿児島生まれ
漫画家
イラストレーター

http://owl.or.tv
カテゴリ
全体
漫画&イラスト
影響を受けた漫画
音楽

雑記
ライフログ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 06月
2005年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧