<   2013年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧
amazon Kindle版「にっぽん研究者伝・カイチュウ先生単行本」
「にっぽん研究者伝・カイチュウ先生単行本」のKindle版が、発売になりました。
amazonより、お求めいただけます。
価格、619円です。

http://item.excite.co.jp/detail/ASIN_B00DI8TSZE

寄生虫に興味のある方、いかがでしょう。
藤田紘一郎先生の体験や生き方、著書は最高に面白いですよ。
電子書籍端末、タブレットPC、スマートフォン、パソコン等でご覧いただけます。
d0061380_12211721.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-06-30 12:21 | 漫画&イラスト
インドネシア取材旅行記 23
市内を案内していただいた後はホテルに戻り、再びS友林業社員の家族の方々の健診となりました。子どもたちの学校が終わった、4時半頃よりの健診でした。

▼市内を案内している途中にいただいた、昼食の中華料理。
d0061380_12364611.jpg

▼ホテルの庭にあったプール。こういう場所で優雅にのんびりとしてみたいです。
d0061380_12365692.jpg

▼ホテルの夕食の仕度風景。
d0061380_1237762.jpg

▼夕方の健診で使われた注射器の一部。これも全て日本へ持って帰ります。
d0061380_12422139.jpg

▼この日の夕食に案内していただいたお店。大きな中華料理店でした。この日もS友林業社員の方々と、そのご家族との会食でした。
d0061380_12373359.jpg

▼1階では、結婚披露宴が行われていました。この日は、中国系の方の結婚式だったようです。インドネシア式なのか、中国式なのか、披露宴会場入り口に並んでいた若いお嬢さんたち。
d0061380_12384883.jpg

▼披露宴会場。
d0061380_12385737.jpg

▼夕食の中華風鍋料理。2種類の鍋と、次々と出される具材。
d0061380_12391169.jpg

▼鍋に具を入れたらこんな感じです。この日はお腹の調子がいまいちだったので、控えめに。
d0061380_12392448.jpg

▼デザート。中華のデザートですが、甘いです。なぜかパンも・・・。インドネシアのデザートはとにかく甘くらしく、しかも毒々しいほどに鮮やかな色をした物が多いとのことでした。この日、子どもたちが注文していたジュースは、口に入れただけで口の中全体にジュースの色が付いていたし、ケーキに乗っているイチゴとかも、芯まで赤く着色してあるんだそうです。そういう物をみんなが好むのだそうですが・・・。ある日本人家族の方は、マクドナルドでコーヒーを注文した際に「砂糖はいらない」と注文したら、奥から店長が出てきて「本当にいらないのか?」と聞かれたんだとか。地元の人たちは砂糖スティックを5〜6本持って行く人もいるらしく、甘くないコーヒーを飲むなんて信じられなかったのかも知れません。気候のせいなのか、甘い物に対する考え方も日本人とは違います。
d0061380_1239337.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-06-29 12:45 |
満腹グルメスペシャル、発売中です!
数年前に描いたグルメ漫画2本が、収録されています。

ボックスカーで評判のランチを売る主人公・大吾が、高級レストラン御曹司とのパスタ勝負に挑む「大悟のランチ」。恋人を賭けて、親友同士がパスタ料理で対決する「イタ飯・ルーレット」。
d0061380_0183068.jpg

日本文芸社より530円で発売中です。
良かったら、ご覧ください。
d0061380_062831.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-06-28 00:22 | 漫画&イラスト
インドネシア取材旅行記 22
花市場の次に、民芸品店を案内していただきました。

▼民芸品店の入り口。お店には見えません。
d0061380_1731616.jpg

▼入り口にあった仏石像。インドネシアはイスラム教だけど、古い時代のものでしょうか。
d0061380_17312250.jpg

▼店内には所狭しと民芸品が並んでいました。しかも、奥がかなり広かったです。
d0061380_1732271.jpg

▼たくさん置いてあった、木彫りのマスク。全体的に木彫りの物が多かったです。
d0061380_17321671.jpg

▼金属製のマスクも。かっこいい!
d0061380_17345632.jpg

▼バティック(ろうけつ染め)は、インドネシアや近隣諸国の特産品。「ジャワ更紗」とも言うらしく、着ている人がたくさんいました。
d0061380_1735789.jpg

▼バティックの布地売り場だけは、地元の人たちもたくさん買いに来ていました。
d0061380_17352476.jpg

▼これ、ひとつ買いました。日本円で500円くらいでした。でも、翌日空港のセキュリティーゲートでトランクバックに「何か生き物が入っているだろう」と指摘を受け、トランクを空けて証明することになってしまいました。
d0061380_1735359.jpg

▼インドネシアの伝統的な人形劇「ヤワン・クリ」をモチーフにした絵。いろんな絵が売っていました。
d0061380_17354553.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-06-27 17:38 |
インドネシア取材旅行記 21
インドネシア5日目。
この日は、スラバヤ在住のS友林業社員の家族&メイドさんたちの健診でした。

▼スラバヤの朝。階下の広場では、学校なのか、会社の就業前なのか体操をしていました。この日は朝からお腹の具合が良くなくて、朝食を抜きました。前夜の生魚が、ちょっと良くなかったのかも知れません。でも藤田先生に相談したところ、すぐにお薬を出していただき、医者と一緒ってなんて心強いんだと感じました。人の役に立つ仕事って、素晴らしいです。それにしても、弱い胃腸が情けない・・・。
d0061380_15212115.jpg

▼ホテルの一室で健診。ここでも検尿係を務めさせていただきました。
d0061380_15213265.jpg

▼問診をする藤田先生とご友人のS氏。
d0061380_15214140.jpg

▼午後には健診も一段落して、時間に少し余裕があるとのことで、スラバヤ市内を案内していただきました。
d0061380_15215547.jpg

▼スカルノ大統領の銅像。デビィ夫人の旦那様です。
d0061380_1522252.jpg

▼花の市場に連れて行っていただきました。
d0061380_15224274.jpg

▼冠婚葬祭用でしょうか?とにかくたくさん並んでましたが、生花より造花の方が多かったです。
d0061380_15225525.jpg

▼奥ではたくさん人たちが、盛花を作っていました。
d0061380_15232383.jpg

▼ど派手な看板もたくさん作っていました。結婚式用でしょうか?
d0061380_15233344.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-06-26 15:29 |
インドネシア取材旅行記 20
インドネシア4日目。
この日は、午前中S友商事社員の方々の健診をして、午後からは再びスラバヤへ車で移動しました。

▼4日目の朝。
d0061380_13382249.jpg

▼宿舎内の大きな木に、黄色い花がたくさん咲いていて美しかったです。
d0061380_13383196.jpg

▼朝食後に検診開始。途中、少し時間が空いたので、エコーの先生が検査をしてくださいました。右の動脈に少し動脈硬化、胆嚢に少々ポリープありとのことでした。改善しなくては・・・(涙)
d0061380_13384420.jpg

▼昼食。インドネシアでソバを食べるとは思いませんでした。
d0061380_13385667.jpg

▼無事に検診を終え、移動中。道路脇には、バイカーのたまり場みたいなお店が無数にありました。
d0061380_13391092.jpg

▼路上で交通整理をする、警官の制服を着た男性。何度も見かけましたが、みんな制服はバラバラ。ドライバーが渡すチップも、しっかり受け取ります。
d0061380_13392219.jpg

▼インドネシアの鉄道。ドアが開けっ放しです。インドネシアでは、バスもドアを開けっ放しで走ってました。公共の乗り物は、ドアを閉めないのかも・・・。
d0061380_13393224.jpg

▼スラバヤのホテルに到着。スラバヤは、大都会です。
d0061380_13394273.jpg

▼時間に少し余裕があるとのことで、インドネシア在住の藤田先生のご友人・S氏が連れて行ってくださった、足裏マッサージ。痛いのではと思っていましたが、意外と心地よかったです。痛気持ちいいという感じでしょうか・・・。生まれて初めてのマッサージでした。
d0061380_13401862.jpg

▼ホテルの窓からの風景。ホテル周辺は、高級住宅街だそうです。主にインドネシアで成功を収めた華僑の方々が多いんだとか。
d0061380_13402931.jpg

▼夕食は和食でした。インドネシアで刺身やスシとは。ここも藤田先生のご友人・S氏のご案内でした。
d0061380_13404350.jpg

▼ここではS氏の持ち込みの、ウイスキーをいただきました。インドネシアの人たちはお酒を飲まないから、飲みたい人はみんな自分で持ち込んで飲むのかも・・・。
d0061380_134134.jpg

▼スラバヤの夜景です。
d0061380_13411296.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-06-25 13:46 |
インドネシア取材旅行記 19
無事に、プロボリンゴのS友林業の宿舎に到着しました。
今日は、この宿舎で働くメイドさんたちの健診です。

▼宿舎に到着。
d0061380_164581.jpg

▼宿舎の一部。敷地も広く、コテージみたいな建物がいくつも並んでいて、またテニスやバスケのコートもありました。しばらく住んでみたかったです。
d0061380_1641956.jpg

▼インドネシアにもたくさんの野良猫がいましたが、どの猫も日本の野良猫に比べやせているように見えました。
d0061380_1643181.jpg

▼到着後すぐに出していただいた、昼食。このスープがイケるんです。
d0061380_1644489.jpg

▼食後のコーヒー。かわいいフタ付きの器でした。
d0061380_165028.jpg

▼宿舎内でメイドさんたちの健診開始。
d0061380_1652881.jpg

▼ここのメイドさんたちも健診に慣れてない様子で、注射器を見ただけで泣き出してしまう女の子も多かったです。恐怖で涙が止まらず、壁に頭を付けて泣き出してしまう若い女の子もいました。先生たちは一生懸命なだめながらの健診で、ちょっと大変だったかも知れませんが、私は注射器一本であんなに泣けるなんてなんてピュアなんだと、ちょっと感動しました。
d0061380_1654343.jpg

▼予防接種をする藤田先生。ここでも私は検尿係を仰せつかりましたが、もう白衣を着るのはやめました。白衣を着ている私のことを医者だと思っている人もいたからで、さすがに気がとがめました・・・。
d0061380_1655552.jpg

▼夕食です。ほぼ和食でしたが、微妙に東南アジアテイストでした。
d0061380_16666.jpg

▼宿舎のトイレ。ここのトイレもやっぱり、シャワーが着いていました。しかも妙に広い。
d0061380_1661774.jpg

▼この日は、宿舎の空き部屋に泊めていただきました。貴重な体験で、楽しかったです。
d0061380_1662982.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-06-23 16:10 |
インドネシア取材旅行記 18
空港から車に乗り換え、プロボリンゴにあるS友林業の宿舎へ向けて出発です。片道3時間の道のりでした。

▼プロボリンゴで出迎えてくれた、S友林業のドライバーさん。S友林業の若い社員の方が空港まで出迎えに来てくださっていたはずでしたが、見当たらず、代わりに先生のなじみのドライバーさんが我々を発見してくれて、無事プロボリンゴへ出発できました。S友林業の方は結局我々を発見できないまま、1時間半ほど待っていたんだそうです。可哀想に・・・。
d0061380_050577.jpg

▼プロボリンゴまでの道中、高速道路がありましたが、凄い渋滞で片側2車線の高速道路が片側5車線までふくれあがり、計10車線になっていました。
外側を走っている車は完全に道路の外を走っている状態で、当然そこは舗装もされていないため、ものすごい量の砂煙が舞い上がってちょっと砂漠のようでした。
d0061380_0502389.jpg

▼道路中央の売り子さんたち。凄く危険だと思うけど、たくさんいました。
d0061380_0503577.jpg

▼ちょっとでも渋滞等で車のスピードが落ちると、どこからともなくすぐに現れます。この人、ちょっと目つきが恐い。
d0061380_050444.jpg

▼プロボリンゴを指す、看板。
d0061380_0505283.jpg

▼プロボリンゴ近くの交差点。スラバヤからプロボリンゴまで、ほとんど信号機がありませんでした。数回見ただけだったような気がします。そのためか、交差点には必ず交通整理をする人たちがいました。とにかく、売り子さんと交通整理の人は多かったです。
d0061380_051614.jpg

▼路上で交通整理をする人たち。この人たち、別にお巡りさんとかではなく、勝手にやっている人たちらしいです。中にはお巡りさんの格好までした人も何度か見ました。この人たち、ドライバーがチップを渡すと優先して通してくれます。ドライバーさん、何度も渡してました。
d0061380_0511934.jpg

▼途中にあった、建設中のモスク。異国情緒を感じる建物のひとつです。
d0061380_0512891.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-06-21 00:59 |
インドネシア取材旅行記 17
インドネシア4日目。
今日は、スマランから東にあるスラバヤという都市まで国内線で移動して、そこからさらに東にあるプロボリンゴという街まで車で行きます。
スラバヤはインドネシア2番目の都市で、日本企業もたくさん進出しています。また、インドネシアの建国の父であり初代大統領のスカルノ氏の出身地で、インドネシアでは「英雄の街」と呼ばれていているんだそうです。スカルノ大統領の第3夫人が、あのデビィ夫人ですね。ちなみに夫人は、4人いたそうです。

▼スマランの空港。移動診療団の出発手続き中。
d0061380_0111817.jpg

▼出発ゲート。搭乗までの時間があるためか、まだ人が少ない。
d0061380_0112923.jpg

▼プロペラ機でした。歩いて飛行機まで。いずれも、初めての体験でした。
d0061380_0113915.jpg

▼近くで見ると、結構大きいプロペラ。
d0061380_0114943.jpg

▼搭乗口。
d0061380_012025.jpg

▼機内はちょっと狭くて、頭をしたたかに天井に打ち付けました。
d0061380_0121074.jpg

▼今回は、ほぼ定刻に出発。席がちょうどプロペラの真横で、飛行中ずっとプロペラ音が気になりました。正直、うるさかったですね。
d0061380_0122378.jpg

▼飛び立ってまもなく、窓の下に見えたエビの養殖場。インドネシアはエビの養殖が盛んで、日本にもたくさん輸出されています。
d0061380_0123312.jpg

▼無事、スラバヤのジュアンダ空港に到着。こちらは、バスでの移動でした。
d0061380_0124548.jpg

▼空港の中。
d0061380_0125611.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-06-20 00:16 |
野球殿堂
東京ドームの近くまで行ったので、野球殿堂に行ってみました。
前々から一度は行ってみたいと思っていながら、なかなか入ることがなかったのですが、やっと入れました。平日の午後ということもあってか、人も少なくゆっくり見ることが出来ました。

▼入り口。入場料、大人1人500円でした
d0061380_0284068.jpg

▼入ってすぐのところにあった、長嶋茂雄&松井秀喜氏の国民栄誉賞記念の展示品。個人的には長嶋氏は納得するんだけど、松井氏はちょっと早いような気がしますね。
d0061380_0315460.jpg

▼王貞治、金田正一、福本豊、衣笠祥雄氏のサイン入りのユニフォームや、バット、ボール等。This is the hero.
d0061380_0321193.jpg

▼好きな野球選手を一人と言われれば、断然この人・王貞治氏なのです。
d0061380_0331813.jpg

▼王貞治氏が現役時代に素振りに使っていた日本刀。あこがれの人のせいか、凄味を感じました。
d0061380_0342015.jpg

▼日本代表のユニフォーム。WBC、なんだかんだで毎回興奮しちゃいます。
d0061380_0344964.jpg

▼懐かしいユニフォーム。東京ドームで初めて野球観戦したのは、日ハムvs南海戦でした。プロ野球の試合を初めて生で見たのは、'79年夏・後楽園球場での巨人vs広島戦。まだ王貞治氏が現役で、巨人の監督が長嶋茂雄氏でした。懐かしい。カープは、山本浩二氏・衣笠祥雄氏が全盛期で、地方出身者の私はとても興奮したのを、今でも良く覚えています。
d0061380_035092.jpg

▼これが野球殿堂のメインかな・・・。
d0061380_0351263.jpg

▼殿堂入りした、180人の肖像のレリーフが展示してありました。奥様と思わしき連れの女性に熱心にしかも延々と選手の解説をしている初老の男性がいて、とても印象的でした。
d0061380_0371112.jpg

▼東京ドームで使われていた、リリーフカーでしょうか?一度、乗ってみたいです。
d0061380_0374038.jpg

[PR]
by owl-club | 2013-06-19 00:46 | 雑記



漫画家岩田和久    無責任日記
by owl-club
プロフィール
鹿児島生まれ
漫画家
イラストレーター

http://owl.or.tv
カテゴリ
全体
漫画&イラスト
影響を受けた漫画
音楽

雑記
ライフログ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 06月
2005年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧